オリバー・クロムウェルの年表と概要(高校世界史)

オリバー・クロムウェル(1599~1658)は、イングランドの政治家。チャールズ1世を追放し、イングランド・コモンウェルスを成立させた。

出来事
1625 チャールズ1世、即位
1642 ピューリタン革命
1645 ネイズビーの戦い
1649 チャールズ1世を処刑
コモンウェルスの成立
アイルランド征服
1650 スコットランド征服
1651 航海法の成立
1652 第一次英蘭戦争、始まる
1653 議会解散、護国卿になる
1654 第一次英蘭戦争、終わる
1658 死去
1660 王政復古でチャールズ2世が国王になる

参考
イギリスのピューリタン革命から市民革命まで

ピューリタン革命とネイズビーの戦い

1625年にチャールズ1世がイングランド国王になると、イングランドでピューリタン(プロテスタント)の弾圧が始まった。

カトリックの強制とプロテスタントの弾圧により、イングランドは王党派と議会派に分かれた。

王党派 … カトリック派、貴族階級
議会派 … プロテスタント派、ジェントリ

※ジェントリは地主階級のこと。

議会派のクロムウェルは鉄騎隊というを軍を組織し、チャールズ1世と王党派と争った。ネイズビーの戦いなどの重要な戦闘で勝つと、クロムウェルは長老派をとチャールズ1世を追放し、コモンウェルス(Commonwealth of England)を成立させた。ここで長老派とは議会派の一派のこと。

※議会派は三つのグループに分かれていた。

派閥 主義 支持者
長老派 立憲王政 貴族
水平派 共和制 大衆
独立派 共和制と教会の独立 クロムウェル

コモンウェルスとは、王や上院のない政治体制のことで「共和政」と訳される。クロムウェルは長老派を追放する際に水平派と同盟している。

アイルランドとスコットランドの征服

クロムウェルはアイルランドとスコットランドを征服した。どちらもケルト人の土地で、ケルト人はカトリックだった。

クロムウェルのアイルランド征服は「虐殺」に近い行為がともなった。アイルランドを植民地化すると、アイルランド人を貧しい小作人として労働させた。この屈辱的な歴史は、21世紀までつづくアイルランドとイギリスの確執になった。

イギリス・オランダ戦争

当時、オランダはヨーロッパの中継貿易から富を得ていた。これを不服としたイギリスは、イギリスとの貿易をイギリス船に限るといった法律(航海法)を制定する。

イギリス航海法により、オランダの経済は打撃を受ける。こうしてイギリスとオランダは1652年に第一次英蘭戦争を始めた。

独裁政権

1653年、クロムウェルは議会を解散して独裁政権を成立させた。英蘭戦争を終わらせるなどの業績を残し、1658年に死去した。

クロムウェルは厳格なピューリタンであり、その強硬な政治は民衆の反発を招いた。

王政復古

1660年、クロムウェルに追放されていた長老派はチャールズ2世を王とした。オリバー・クロムウェルの子、リチャード・クロムウェルはフランスに亡命した。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト