PBR(株価純資産倍率)の定義と意味

PBR(Price Book-Value Ratio)は日本語で株価純資産倍率といいます。日本証券業協会による株価純資産倍率の定義は以下のようになっています。

株価純資産倍率(PBR) 実績PBR = 株価 ÷ 1株当たり株主資本(実績)

PBRはPERと違い予想よりも実績をしばしば使います。具体的に計算してみましょう。

1株当たり株主資本が200円の会社の株価が500円だった。PBRは何倍か?

PBR = 500 ÷ 200 = 2.5倍

株主資本は会社の本来の持ち分と考えられる(株主資本が主に資本金と利益剰余金で構成されていることを思い出してください)ので、PBRが高いほど株価は会社本来の価値を上回っている、PBRが低いほど株価は会社本来の価値を下回っていることになります。

例えばある商品の本来の価値が100円だったとします。商品に「本来の価値」という概念があるかないかはとりあえず置いておくとして。あなたはその100円の商品をいくらで買いたいですか? 100円以下で買いたいですよね。200円だったらちょっと割高。もしそれが300円で売られていたら買わないと思います。この場合、300を100で割った3という値がPBRになります。

このように、PBRは市場価格と本来の価格の差を示します。

広告