PDOでSQLデータをDELETE(削除)する

2017/7/01

Shinichiro Sakamoto

広告

pdo でデータを削除するときは beginTransaction から始める。

try
{
  $pdo->beginTransaction();
  $stmt = $pdo->prepare( 'DELETE FROM account WHERE id=:id' );
  $stmt->bindParam( ':id', $id, PDO::PARAM_INT );
  $stmt->execute();
  $pdo->commit();
}
catch ( Exception $e )
{
  $pdo->rollback();
}

削除はトランザクションを必要とする。つまり処理に失敗したとき、データを元の状態に戻す必要がある。そのため pdo の prepare と execute は try と catch に入れる。

try 内の処理

  1. beginTransaction
  2. prepare
  3. bindParam
  4. execute
  5. commit

beginTransaction と commit は pdo のメソッドである。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/irohakasa/irohabook.com/public_html/wp-content/themes/child/single.php on line 125

広告

広告