国際秩序とウェストファリア条約

1618~1648年の三十年戦争の講和条約であるウェストファリア条約はヨーロッパの社会秩序を大きく変えた。イギリスやフランスといった国はすでにあったが、ヨーロッパという国際秩序はあくまでもローマ・カトリックが維持していた。

ボヘミアのプロテスタント反乱をきっかけに起きた三十年戦争は、ヨーロッパ全土を巻きこむ国際戦争であり、結果はプロテスタントの地位向上と神聖ローマ帝国の弱体化に終わった。ドイツではホーエンツォレルン家などの領邦(territorial state)が数多く生まれた。

三十年戦争によって全体の秩序を維持する権力(ローマ・カトリック)が明確に失われるとともに、イギリス、フランス、スウェーデンといった国が主権国家として国際秩序の担い手になった。

ヨーロッパ(あるいは世界)秩序はウェストファリア条約を境に変わるため、条約締結後の秩序をウェストファリア体制という。ウェストファリア体制はナポレオン戦争によって崩壊し、ナポレオン戦争後はウィーン体制に移行した。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト