Irohabook
連載小説

連載小説「ペンは剣よりも強し」目次

広告

「ペンは剣よりも強し」は実話にもとづいて書かれた受験物語です。合格は不可能と言われていた劣等生が、いくつもの奇跡を乗り越えて開成中学校に合格するまでの道のりです。この物語はフィクションという形をとっていますが、重要な出来事、特に受験に関する出来事は事実です。

開成中学校を受験する小学生とそのご家族、すべての中学受験生、高校と大学を受験する学生、学校・教育関係者はぜひ最後までお読みください。勉強のできない生徒が合格するというストーリーはフィクション・ノンフィクションともにありますが、この小説以上の逆転劇は日本に存在しないでしょう。

この主人公は一度も一パーセント以上の合格率を出したことがありません。つまり百回以上受験しても合格はできないのです。一パーセント未満の合格率で合格するには、強靭な精神力と忍耐力、体力、奇跡を起こす運の力、自分を最後まで信じる力が必要になります。

実は、この主人公は普通の受験生とまったく異なる小学校生活を送っています。この生活はやがて受験を突破するために必要な精神力と忍耐力を養っていきました。そして奇跡を起こす運は、受験生本人以外のところ、特に家族と塾の先生にかかっています。主人公は五人の先生に会うことで、合格に必要な運をつかむことになります。主人公(私)は今でもこの先生たちに感謝しています。だからこそこの小説は教育関係者の方に読んでいただきたいのです。

第1話

主人公が入塾テストを受けて不合格の通知を受けるまで。

第1話の目次
第1話:通知(その1)
第1話:通知(その2)はじめての模擬試験
第1話:通知(その3)入塾テスト不合格

第2話

塾でビリになった主人公。小学校で事件が起きる。

第2話「中学受験という競争」その1(はじめての授業)
第2話「中学受験という競争」その2(週末テスト)
第2話「中学受験という競争」その3(いじめる人間、いじめられる人間、どちらでもない人間)

第3話

第3話「新しい順位」その1(井の中の蛙)
第3話「新しい順位」その2(裏切りの予感)
第3話「新しい順位」その3(秋のクラス替え)

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会