PER(株価収益率)の定義と意味|PERは15倍がいい?

PERは日本語で株価収益率といいます。

株価収益率(PER) 実績PER = 株価 ÷ 1株当たり当期純利益(実績) 予想PER = 株価 ÷ 1株当たり当期純利益(予想)

例えば花王(平成26年12月)の連結経営指標等の1株当たり当期純利益は156円、今年度の予想1株当たり当期純利益は173円(花王の決算短信より)。参考株価として2015年9月24日終値の5100円でPERを計算してみます。実績PERと予想PERはこうなります。

5100 ÷ 156 = 約32.7(実績PER) 5100 ÷ 173 = 約29.4(予想PER)

株価は毎日変動するのでPERも毎日変動します。2つの定義を書きましたが本質的に同じです。前年度の場合はすでに当期純利益がわかっているので実績PERとして算出されますが、おそらく多くの人は予想PERを使います。

株を「お金を生むなにか」と考えてみましょう。この「お金を生むなにか」は5100円で販売されています。そして前年度は156円のお金を生み、今年度は173円のお金を生みます。もし花王が毎年170円程度のお金を生み続けるとすると、5100÷170=30年でもとがとれることになります。

PERはこの回収期間です。

PERが高いと回収期間が長くなり、PERが低いと回収期間が短くなります。したがってPERは低ければ低いほどいいということになります。

・PERは回収期間である。 ・PERは低いほどいい。

PERはわざわざ自分で求めなくてもYahoo!ファイナンスにあります。時価総額などが書かれている「参考指標」の欄にPER(会社予想)とあります。

時価総額と純利益から求める

PERは

時価総額÷純利益

からも求められます。時価総額は必ずしも会社の業績によって決まるものではありません。日銀がETFを購入するといった官製相場によって会社の業績と乖離した時価総額になっていく場合もあります。

PERは市場の具合によってかなり変わってくるのです。

PERは15倍が妥当?

PERは15倍が目安となっています。この15という数字は株式市場の長い歴史が作ってきた統計的な数字で、なぜ15なのかはわかりません。

PERが15倍以上であればその株は高く、15倍以下であればその株は安いと考えられます。

日本証券所グループ(東京証券取引所)が「規模別・業種別PER・PBR(連結・単体)」を公表しているので、全体的なPERがどのように変化してきたか気になる方は確認してみましょう。また諸外国のPERの歴史的な変移を公表しているサイトもあるので、合わせてチェックすると理解が深まるでしょう。