中学理科(高校物理)の電力、電力量、ジュール熱

電気のもつエネルギーを電気エネルギーという。例えばスタンドに電気をつけるとき、そのスタンドは電気エネルギーというエネルギーを使っている。

家電の電気エネルギー

スイッチを入れると光ったり、電源がついたりする。これはその機械が電気エネルギーを使っているためだ。

「その機械がどのくらい電気エネルギーを使っているか」は電力という数値でわかる。電力の単位はW(ワット)。

身の回りにある家電製品のワットを調べてみよう。ワットが大きいほど、その家電はたくさんの電気エネルギーを使っていることになる。

参考目安
冷蔵庫 600ワット
炊飯器 700ワット
掃除機 1000ワット
スマホ 100ワット
電気自動車 10000ワット以上

小さい製品は電気エネルギーをあまり消費しないが、大きい製品になるとかなり消費する。自動車がいかにたくさんのエネルギーを使うかがわかる。

ワットの公式

ワットは「電力」の単位であった。実は電力とは、1秒間に使われる電気エネルギーをいう。逆に電気エネルギーは電力に時間数をかけたもの。

電気エネルギー=電力×時間

例えば600ワットの冷蔵庫を2秒間だけ使うと

600×2=1200

の電気エネルギーが消費されることになる。なお、電気エネルギーはJ(ジュール)

ワットの問題

1000ワットの掃除機を1分間使ったらどれだけのエネルギーが消費されるか?

答え
1000×60=60000

60000J(ジュール)

広告