植物プランクトンと動物プランクトンとミドリムシ(ユーグレナ)

水中にいる小さな生物をプランクトンという。多くの魚はプランクトンを食べて生きている。

プランクトンは、自分で養分をつくる植物プランクトンと、他のプランクトンを食べる動物プランクトンがある。植物プランクトンは自分で動けず、動物プランクトンは自分で動く。

ミドリムシ(ユーグレナともいう)は例外で、べん毛という毛のようなものを使って動くが、同時に自分で養分をつくる。植物プランクトンと動物プランクトンの両方の性質をもっている。

種類 動く 養分をつくる
植物プランクトン 動けない 養分をつくる
動物プランクトン 動く 養分をつくれない
ミドリムシ 動く 養分をつくる

植物プランクトン

アオミドロ、クンショウモ、ケイソウ、ミカヅキモなどがある。

動物プランクトン

アメーバ、ゾウリムシ、ミジンコなどがある。ゾウリムシはせん毛という毛を動かして動く。

ミドリムシ(ユーグレナ)

べん毛をぐるぐる回して動く。

バクテリア

プランクトンは小さい魚に食べられるほど小さいが、さらに小さいバクテリアという生物がいる。バクテリアはプランクトンや魚のふんを分解する。

広告