ドナルド・トランプ大統領のホワイトハウスを辞めた側近まとめ

ホワイトハウスを去った人は2017年8月時点で6人いる。

側近 解任日
スティーブン・バノン 首席戦略官 8/18
アンソニー・スカラムッチ 広報部長 7/31
ラインス・プリーバス 首席補佐官 7/28
ショーン・スパイサー 報道官 7/21
マイク・ダブキ 広報部長 5/30
マイケル・フリン 国家安全保障問題担当大統領補佐官 2/14

広報部長は1月20日からスパイサーが務めていたが、途中3月6日からはマイク・ダブキが6月2日まで務めた。その後、スパイサーは7月21日まで務めたが、アンソニー・スカラムッチに交代した。

アンソニー・スカラムッチは7月21日にポジションにつき、7月31日に解任された。わずか10日間の在籍だった。

広告