カール・ポパーの科学論(反証主義)|高校倫理

2018/5/13

Shinichiro Sakamoto

広告

オーストリア・ウィーンの哲学者カール・ポパーは、科学そのものを反証主義という点から定義した。

反証とは、例をあげて命題の誤りを指摘することである。「平行線は交わらない」という命題は、交わる平行線を一つでも見つければ、誤りだとわかる。つまりこの命題は反証可能である。反証可能な命題は科学的である。

しかし「幽霊はいる」という命題は、どのような例をあげても反証できない。こうした反証不可能な命題は科学的でない。

反証可能 → 科学的
反証不可能 → 非科学的


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/irohakasa/irohabook.com/public_html/wp-content/themes/child/single.php on line 125

広告

広告