カリウムの性質と主な化学反応

カリウム(K)は原子番19、1族4周期に属するアルカリ金属の元素であり、炎色反応は紫。石油中に保存する。

カリウムはリチウムやナトリウムよりも反応性が高く、常温で水と激しく反応して赤紫色の炎をあげる。またナトリウムに次いで地球の地殻中に豊富に存在する。

項目 Ka
原子番号 19
1
周期 4
電子殻 2 8 8 1
原子量 39
分類 典型金属
アルカリ金属
炎色反応

カリウムの性質

カリウムは生体に不可欠なミネラルで、ナトリウムカリウムイオンポンプによって濃度が適切に維持されている。

また肥料の三大元素(窒素、リン、カリウム)の1つ。カリウムは根の成長に影響する。

カリウムの反応

カリウムは水と反応する。

2K + 2H2O → 2KOH + H2

カリウムとアルコールは激しく反応する。一般にアルカリ金属はアルコールと反応する。

2K + 2CH3OH → 2CH3OK + H2

カリウムの化合物

KOH

水酸化カリウムは水酸化ナトリウムと同じく、常温で固体で、潮解性をもつ。

K2SO4

K2SO4(硫酸カリウム)は硫酸塩の1つで、同じ硫酸塩のAl2(SO4)3(硫酸アルミニウム)と混ぜて濃度を濃くすると、AlK(SO4)2・12H2O(カリウムミョウバン)という複塩が生じる。