奈良時代のかんたんまとめ(小学社会)

奈良時代は710年から794年までつづいた時代です。奈良時代の都を平城京といいます。聖武天皇や鑑真といった人が活躍し、三世一身の法などの決まりごとが定められました。

漢字 読み方
平城京 へいじょうきょう
聖武天皇 しょうむてんのう
鑑真 がんじん
三世一身の法 さんぜいっしんのほう
墾田永年私財法 こんでんえいねんしざいほう
建立 こんりゅう
唐招提寺 とうしょうだいじ

聖武天皇と鑑真

奈良時代の当時、人々は貧しい生活を送っていました。そこで聖武天皇は、人々の暮らしがよくなることを祈って、奈良に東大寺をつくり、そこに大仏を建立しました。

聖武天皇のやったこと

  1. 奈良に東大寺をつくった
  2. 東大寺に大仏をつくった
  3. 日本の各地に国分寺をつくった

唐(当時の中国)から鑑真というお坊さんがきました。鑑真は来日(日本に来ることを来日という)に何度も失敗して、その苦労のなかで失明(目が見えなくなること)してしまいます。来日後、鑑真は唐招提寺というお寺を建てました。

決まりごと

出来事
710年 平城京遷都
723年 三世一身の法
743年 墾田永年私財法

三世一身の法
自分で新たに土地を開拓したら、その後三代にわたってその土地を持っていいという法律。

墾田永年私財法
自分で新たに土地を開拓したら、そのあと永久に土地を持っていいという法律。

開拓(かいたく)とは、木を切ったり土地を平らにしたりするなどして、そこで農作物をつくることができるようにすることをいいます。奈良時代にできた三世一身の法と墾田永年私財法によって、人びとがどのように土地をもつかが定められました。

万葉集

万葉集は日本最古の和歌集で、奈良時代に作られました。朝廷の人たちから一般の人たちまで、さまざまな人の歌が記されています。

広告