ピタゴラス数の例

ピタゴラス数とは、三つの数のペアで、その三つの数がある直角三角形の各辺になるものをいう。

一般にピタゴラス数 (a, b, c) について

a × a + b × b = c × c

が成り立つ。

(3, 4, 5)

3 × 3 = 9 4 × 4 = 16 5 × 5 = 25

9 + 16 = 25

よって (3, 4, 5) はピタゴラス数。

ピタゴラス数の例

(5, 12, 13) (8, 15, 17) (7, 24, 25) (20, 21, 29) (9, 40, 41) (11, 60, 61)