ピタゴラス数の例

ピタゴラス数とは、三つの数のペアで、その三つの数がある直角三角形の各辺になるものをいう。

一般にピタゴラス数 (a, b, c) について

a × a + b × b = c × c

が成り立つ。

(3, 4, 5)

3 × 3 = 9 4 × 4 = 16 5 × 5 = 25

9 + 16 = 25

よって (3, 4, 5) はピタゴラス数。

ピタゴラス数の例

(5, 12, 13) (8, 15, 17) (7, 24, 25) (20, 21, 29) (9, 40, 41) (11, 60, 61)

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook