ピタゴラス数の例

ピタゴラス数とは、三つの数のペアで、その三つの数がある直角三角形の各辺になるものをいう。

一般にピタゴラス数 (a, b, c) について

a × a + b × b = c × c

が成り立つ。

(3, 4, 5)

3 × 3 = 9 4 × 4 = 16 5 × 5 = 25

9 + 16 = 25

よって (3, 4, 5) はピタゴラス数。

ピタゴラス数の例

(5, 12, 13) (8, 15, 17) (7, 24, 25) (20, 21, 29) (9, 40, 41) (11, 60, 61)

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト