New サムネイル 鎌倉時代の元号一覧(西暦と和暦の対応表と読み方) New サムネイル pandasでDataFrameをcsvファイルに書き出す(to_csv):インデックスのありな New サムネイル pandasで条件に合う行を選択する(locの使い方と条件のand)

PythonでSchema.orgのDate形式(ISO 8601)を扱う

広告

Schema.org の Date は ISO 8601 という形式をとっている。

2019-05-21T19:35:20+09:00

Python でこれを扱うには dateutil を使う。

import dateutil.parser

datePublished = '2019-05-21T19:35:20+09:00'
d = dateutil.parser.parse(datePublished)
t = d.strftime('%Y-%m-%d %H:%M:%S')

ISO 8601 の文字列を dateutil.parser の parser にかけると datetime 形式のフォーマットに変換される。

あとは datetime の strftime を使って、任意の形式に表示する。上の

%Y-%m-%d %H:%M:%S

という形式は MySQL の timestamp である。

広告

広告

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会

Python入門

Python入門

化学入門

化学入門

漢字辞典

漢字辞典

整数辞典

漢字辞典

Lord Candy

Lord Candy