Python:ファイルに書き込む

ファイルの読み込みはopen、read、closeをセットで行ないます。

基本

プログラムのファイルがあるディレクトリにdata.txtがあり、テキストに文字列を書きこむプログラムを考えます。

プログラム

file = open('data.txt', 'w')
try:
    file.write('apple')
finally:
    file.close()

data.txt

apple

openは第一引数をファイル名、第二引数をwとします。ファイル名は相対パスでも絶対パスでもかまいません。その後、例外処理(try)でファイルの中身を取得します。finallyでファイルを閉じます。

プログラムを実行するとファイルが上書きされます。最初のデータが消えて「apple」になるわけです。実はopenの第二引数にあるwが上書きを意味しています。

上書きでなく追記にしたいときはwをaとします。

プログラム

file = open('data.txt', 'a')
try:
    file.write('apple')
finally:
    file.close()

プログラムを実行するたびに「apple」が追記されます。4回実行すれば

data.txt

appleappleappleapple

となります。

モード

openの第二引数に入れる記号は次の意味を持っています。

記号 意味
r 読み込み
w 書き込み(上書き)
a 書き込み(追記)
r+ 読み書き
w+ 読み書き
a+ 読み書き(追記)

wを指定すると、ファイルがなかった場合に新規作成する。つまり書き込むファイルが存在するかチェックする必要はない。

目次(ファイル)

ファイルの読み込み
ファイルの書き込み
ファイルに一行ずつ書き込む
ファイルの拡張子を取得する
ファイルの更新時間を取得する
csvファイルの読み込み
csvファイルの書き込み
ファイル一覧の取得

Python

環境設定
文字列
数値
リスト
辞書
集合
ifとelse
forとwhile
関数
クラス
ファイル
システム

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook