Pythonのrangeとforで処理を何回も行う

Pythonに限らず、プログラミングでは同じ処理をくりかえし行う場面はよく出てきます。例えば「処理します」という文字を5回出すコードは次のようになります。

for x in range(5):
    print('処理します')

出力:

処理します
処理します
処理します
処理します
処理します

rangeはリストではありませんが、0から4までの5つの要素を持つ並びでした。forはrangeをリストのように扱い、上のプログラムではforループの中でxという一時的な変数を用意し、そこにrangeの要素を入れていきます。

次のコードを見てください。

for x in range(5):
    print(x)

出力:

0
1
2
3
4

問題

5から11までの7個を出力するプログラムをつくりなさい。

解答

for x in range(5, 12):
    print(x)

出力:

5
6
7
8
9
10
11

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook