Pythonの関数を定義する(def)

データの平均値を大量に求める必要があるとき、いちいち式を書いていると時間がかかります。平均を求めるという関数を作って、その関数を使いまわすと効率がいいでしょう。

プログラムでは本質的に同じ処理を一つの関数にまとめて使いまわすという手法をよく行ないます。

平均を求める

def average(x, y):
    return (x + y) / 2

a = 1
b = 2
c = average(a, b)
print(c)

出力:

1.5

上のプログラムではaverageという関数を最初に定めています。関数はdef+○○で宣言します。○○には自分の好きな名前を入れてください。averageという名前である必要はありません。

数学の関数と同じように、関数は複数の変数を持ちます。上の関数は二つの変数xとyを持ち、関数の中でそれを足して2で割っています。returnは関数が返す値です。

問題

二つの数を足して二乗した値を求める関数を作ってください。

解答

def square(x, y):
    return (x + y) * (x + y)

a = 2
b = 3
c = square(a, b)
print(c)

出力:

25

このように作ってもいいでしょう。

def square(x, y):
    m = x + y
    n = m * m
    return n

a = 2
b = 3
c = square(a, b)
print(c)

出力:

25

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook