Pythonのリストで値を追加する(append)

リストに値を追加するにはappendというメソッドを使います。メソッドとはあるものを操作するための関数のようなものです。具体例を見てみましょう。

a = [2, 5, 8]
print(a)
a.append(11)
print(a)

出力結果:

[2, 5, 8]
[2, 5, 8, 11]

最初の[2, 5, 8]はa.append(11)という操作を加える前のリストです。a.append(11)という操作をしてaは[2, 5, 8, 11]というリストに変わります。

appendはカッコ内の値をリストに加えるというメソッドです。

問題

次のリストに99を加えてください。

a = [33, 55, 77]

解答

a.append(99)

実際、次のコードを出力してみましょう。

a = [33, 55, 77]
print(a)
a.append(99)
print(a)

出力結果:

[33, 55, 77]
[33, 55, 77, 99]

99が追加されていることがわかります。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト