Pythonのwhile文の基本

これまでPythonのfor文を学びました。forループは基本的に、リストから要素を取りだしながら処理を行ないます。今回はもう一つのループ処理であるwhileを解説します。

x = 0
while x < 5:
    x = x + 1
    print(x)

出力:

1
2
3
4
5

解説

最初にxに0を入れて、whileのループでxを1ずつ加算します。つまりxはループを重ねるごとに変化します。

ループの終わりはwhileの隣にあるx<5という条件が偽になるまでです。つまりループ処理は条件が満たされるときにかぎり、際限なく実行されます。

注意

whileは一般的に危険な文法と考えられています。プログラミングを初めて勉強するという方は、単にループ処理を行ないたいときはwhileでなくforを使いましょう。

例えば次のコードは危険なコードです。

x = 0
while x < 5:
    print(x)

このコードは次のように無限に処理します。

0
0
0
0
0
0
0
0
0
…

実際は0が無限に続き、プログラムはコンピューターのCPUとメモリを極限まで使います。このプログラムではx<5という条件がいつまでも真であることに原因があります。最初の例ではxが1ずつ増えるため、ループのどこかで条件が満たされなくなります。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト