川の長さと流域面積ランキング(日本):信濃川と利根川の違い

長い川ランキング(日本)

順位 河川名 長さ 流域
1 信濃川 367 新潟県
長野県
2 利根川 322 東京都
千葉県
埼玉県
群馬県
栃木県
茨城県
3 石狩川 268 北海道
4 天塩川 256 北海道
5 北上川 249 岩手県
宮城県

国土交通省河川局「日本の川」より。長さの単位はkm)

流域面積の広い川ランキング(日本)

流域とは、その川に向かって雨や雪が集まる範囲のこと。

順位 河川名 流域面積 流域
1 利根川 16,840 東京都
千葉県
埼玉県
群馬県
栃木県
茨城県
2 石狩川 14,330 北海道
3 信濃川 11,900 新潟県
長野県
4 北上川 10,150 岩手県
宮城県
5 木曽川 9,100 愛知県
岐阜県
三重県
長野県

国土交通省河川局「日本の川」より。流域面積の単位は平方km)

受験に出るかもしれない日本の川あれこれ

・利根川は「坂東太郎」とも呼ばれ、千葉県銚子市で太平洋に注ぐ。利根川は関東平野のほぼ全域を潤す。長さ自体は信濃川より短く、流域面積は最も広い。

・信濃川は日本一長いが流域面積では第三位で、越後平野を潤す。信濃川は長野から新潟に向かうが、両県で呼び名が異なる。水源のある長野では千曲川(ちくまがわ)、河口のある新潟では信濃川(しなのがわ)という。しかし「信濃」という地域は長野を指す。

「信濃」など旧国名については県と県庁所在地と旧国名一覧表

広告