中3理科で習う塩と中和反応まとめ

中3理科(化学)で習う塩は塩化ナトリウム、硝酸カリウム、硫酸バリウムです。これらは酸と塩基を混ぜて作ることができます。酸と塩基は混ざると中和し、塩になります。

  • 塩化ナトリウム(NaCl)
  • 硝酸カリウム(KNO3
  • 硫酸バリウム(BaSO4

HCl + NaOH → NaCl + H2O
塩酸+水酸化ナトリウム水溶性→塩化ナトリウム+水

HNO3 + KOH → KNO3 + H2O
硝酸+水酸化カリウム水溶液→硝酸カリウム+水

H2SO4 + Ba(OH)2 → BaSO4 + 2H2O
硫酸+水酸化バリウム水溶液→硫酸バリウム+水

酸とアルカリを混ぜると中和反応が起きて塩と水ができる。これは次の二つの反応からなります。

  • 酸の水素イオンとアルカリの水酸化物イオンが結合して水になる
  • 残りの物質がくっついて塩になる

H+ + OH- → H2O
水素イオン+水酸化物イオン→水

Cl- + Na+ → NaCl
塩化物イオン+ナトリウムイオン→塩化ナトリウム(塩)

中和反応が二つの反応からなることに注意しよう。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト