晴耕雨読の意味

[慣]せいこううどく

  1. 晴れのときは田畑を耕し、雨のときは家で本を読むこと。
  2. 都会の喧騒から離れて、のんびりと農業すること。

例文

退職後、彼は晴耕雨読の日々を送った。

商業が発達し、人口が都市に集中する以前、多くの人々にとって晴耕雨読は当然の生活だった。

広告