銀の性質と沈殿の色まとめ

銀(Ag)は原子番号47、11族5周期の遷移元素で、同族にと金がある。

熱伝導性と電気伝導性は金属で最も高く、非常に酸化されにくい。

項目 Ag
原子番号 47
11
周期 5
電子殻 2 8 18 18 1
原子量 107.9
分類 遷移元素
常温 固体

銀の沈殿

高校化学において銀のポイントは沈殿とその色。

化合物
AgCl
AgBr 淡黄色
AgI 黄色
Ag2O 褐色
Ag2S
Ag2CrO4

銀の酸化反応

銀は酸化されにくいが、希硝酸、濃硝酸、熱濃硫酸に溶ける。

銀と濃硝酸 Ag + 2HNO3 → AgNO3 + NO2 + H2O

銀と希硝酸 3Ag + 4HNO3 → 3AgNO3 + NO + 2H2O

銀と熱濃硫酸 2Ag + 3H2SO4 → 2AgHSO4 + SO2 + 2H2O

銀のそれ以外の反応

銀に水酸化ナトリウム水溶性を加えると褐色沈殿が生じる。これは酸化銀(Ⅰ)である。酸化銀の沈殿は大量のアンモニア水によって溶解する。これは銀イオンが錯イオンをつくるため。