俎上(そじょう)の意味と例文

[名]そじょう

  1. まな板の上のこと。
  2. 見られている、または認識されていること。

例文

科学という俎上では哲学的議論はしばしば根拠のない机上の空論として扱われる。

俎上の魚のように、彼は会社の手のひらでせこせこと動いていた。

余白が少なくなってきたので、これ以上の議論は読者の俎上に載せよう。

説明

「俎上」自体は「まな板の上」という意味。「俎上」を使うときはもっぱら後者の比喩的な表現になる。

広告