食塩水などの水溶液の濃度に関する公式と計算

水に食塩などの物質が溶けた液体を水溶液という。食塩水、塩酸、硫酸などはすべて水溶液である。水溶液に溶けている物質(食塩水であれば食塩)を溶質という。したがって水溶液は水と溶質が合わさった物質と考えられる。

水溶液=水+溶質(食塩など)

例えば水 98g に食塩 2g を溶かすと 100g の食塩水ができる。

(1) 水 100g に食塩 3g を溶かすと (  )g の食塩水ができる。

(2) 水 (  )g に食塩 7g を溶かすと 200g の食塩水ができる。

(3) 水 52g に食塩 (  )g を溶かすと 60g の食塩水ができる。

解答

(1) 100 + 3 = 103

(2) 200 - 7 = 193

(3) 60 - 52 = 8

水溶液(食塩水)の濃度の公式

濃度(%)=溶質の重さ(g)÷水溶液の重さ(g)×100

食塩水の濃度は、食塩の重さを食塩水の重さで割って求める。水 48g に食塩 2g を溶かすと 50g の食塩水ができるが、この食塩水の濃度は 2 ÷ 50 × 100}=4% になる。

(1) 食塩 5g が溶けている食塩水 25g の濃度は (  )% である。

(2) 食塩 3g が溶けている食塩水 200g の濃度は (  )% である。

解答

(1) 5 ÷ 25 × 100 = 20

(2) 3 ÷ 200 × 100 = 1.5

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告