ソフィスト(プロタゴラス「人間は万物の尺度である」とゴルギアス)

紀元前5世紀頃、ギリシアのアテネを中心にソフィストという人々が現れた。ソフィストは高度な弁論術によって相手を巧みに説得し、金銭を得ていたとされる。

ソフィストはタレスなどの自然哲学者と比べられる。ミレトス学派などの自然哲学者はアルケーという絶対的な真理を探求していたが、ソフィストはそれを否定する。

プロタゴラス

ソフィストの代表であるプロタゴラスは、「人間は万物の尺度である」という言葉を残しているように、真理は人それぞれによって異なる相対的なものと考えていた。

ゴルギアス

プロタゴラスより真理に懐疑的だったソフィストがゴルギアスである。ゴルギアスはプロタゴラスと同様、絶対的・普遍的な真理はないとしたうえで、そのようなものがあったとしても、知ることも伝えることもできないと考えた。

一般に、真理を知ることはできないという考えを不可知論という。

ピュシスとノモス

自然をピュシス、人為や慣習をノモスという。自然哲学者はピュシスとアルケー、ソフィストはノモスに関心を持っていた。

思想家 自然哲学者 ソフィスト
代表 タレス プロタゴラス
立場 絶対主義 相対主義
対象 ピュシス ノモス

※相対主義という言葉は使われるが、絶対主義という言葉はほとんど使われない。上表は便宜上のもの。

ノモス nomos は economy などの -nomy の語源であり、ピュシス phusis は物理 physics の語源である。

後世の解釈

ソフィストは自分の都合のいいように話す詭弁家というニュアンスが強く、いい意味で使われることは少ない。ただしプロタゴラスの「人間は万物の尺度である」という言葉や、相対主義的な考えは広く伝えられている。

関連

ソクラテス
プラトン
アリストテレス
自然哲学者とアルケー
古代ギリシア思想(練習問題)

広告