「謝る」「申し訳ない」の英語

sorry

ネイティブに決まって多用を注意される単語です。日本人はとりわけ I'm sorry が口からすべるように出てくると思いますが、私が会ってきたネイティブの方たちは口をそろえて「それはおかしい、変だ、アメリカでは絶対に変に思われるだろう」といいます。sorry はなかなか言わない言葉であり、安易に使うとトラブルを起こすこともあると注意されました。そうしたことをふまえて sorry のイディオムを見ていきましょう。

I'm sorry.
すみません。

I'm sorry that I can't meet you.
お会いできずに申し訳ありません。

I'm sorry to have kept you waiting.
お待たせしてすみません。

forgive

本来は「許して」という動詞です。

I hope you'll forgive me.
おゆるしください。

Please forgive my long silence.
長くごぶさたしてすみません。

apology

I apology for my behavior.
態度を謝ります。

offer one's apology という表現もある。この offer は express にも変えられる。offer は「与える」、express は「表す」「表明する」という意味の動詞。

I offer my apology.
I express my sincere apology.
本当に申し訳ありません。

for をつづけて「〜について」ということもできる。

I offer my apology for my absence at the meeting.
欠席してすみません。

広告