ばねの直列つなぎと並列つなぎとのび|小学理科

ばねにおもりをつるすとのびる。おもりの重さが2倍、3倍、4倍にすると、ばねののびは2倍、3倍、4倍になる。

例えば100gのおもりをつるして3cmのびるばねは、200gでは6cm、300gでは9cmのびる。

重さ のび
100g 3cm
200g 6cm
300g 9cm
400g 12cm
500g 15cm

直列つなぎ

100gのおもりをつるして3cmのびるばねを2本直列につないだとき、100gのおもりをつるすと6cmのびる。

2本、3本つるしても、それぞれのばねは3cmずつのびる。2本のときは3cmずつのびるため、合計で6cmのびることになる。3本のときも3cmずつのびるため、合計で9cmのびることになる。

並列つなぎ

ばねを並列につなげたとき、重さをばねの数だけ割った重さがばねにかかる。

2本のばねが並列がつながった状態で200gのおもりをつるすと、200gを2で割った100gがそれぞれのばねにかかる。

同じように3本のばねが並列につながった状態で300gのおもりをつるすと、300gを3で割った100gがすべてのばねにかかる。

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告