細胞観察で用いる酢酸オルセインなど染色液の種類と色まとめ

染色液はそれぞれ特有の色を呈する。標的器官(構造)によって染色液を選択する。

染色液 標的器官
酢酸オルセイン
酢酸カーミン
メチレンブルー
ヤヌスグリーン ミトコンドリア 青緑
TTC溶液 ミトコンドリア
ニュートラルレッド 液胞
サフラニン 細胞壁

染色液は光学顕微鏡で細胞を観察するときに使う。無色・透明の細胞を観察するときは、ミトコンドリアなどの小器官を染色する。電子顕微鏡では行わない。

参考
植物細胞と動物細胞の構造と基本的な働き
中学理科と高校生物で習う顕微鏡まとめ(名称と使い方と倍率)

また、染色液によって生きた細胞も死んでしまうことがある。生きた細胞をそのまま観察したいときは染色液を使わない。

広告