株の三つの利益(値上がり益、配当金、株主優待)|はじめての株式投資

株の利益は値上がり益、配当金、株主優待の三種類があります。

  1. 値上がり益
  2. 配当金
  3. 株主優待

値上がり益

あるものを100円で買って120円で売ったら、20円に利益になります。安く買って高く売ったときの利益を値上がり益といいます。

投資家によって買ってから売るまでの期間は異なります。数時間、数分ごとに利益を確定する取引をデイトレードといい、ネット証券会社が手数料を下げていった頃から知られるようになりました。もちろん数日ごとの取引や、数ヶ月、数年ごとの取引もあります。

買ってから売るまでの期間はその投資の性質を決定します。取引のたびに手数料が発生するので、デイトレードは手数料との戦いになるわけです。細々と取引して利益を得るには

  • 値段の動かない大企業株を大量の買って売る
  • 値動きの激しいものを少しだけ買って売る

という方法があります。

配当金

みずほ銀行や花王といった多くの会社は配当金をたくさん払っています。配当金は、会社がその年の利益を投資家に分配するものです。株を持っているだけで、配当金は年に数回分配されます。

配当金を出さない会社もあるので注意しましょう。配当金を出すか出さないか、またはどのくらい出すかは、証券会社のホームページか、ヤフーファイナンスで調べられます。

株価が1000円で、1年に30円の配当金をもらえるとき、その株の配当利回りは

30 ÷ 1000 × 100 = 3

3%になります。一般的に配当利回りは1〜3%です。4%を超えるような株はほとんどありませんが、ないわけではありません。

銀行のお金を預けても利子はほとんどつかないので、持っているだけでもらえる配当金はとても魅力的な利益の一つでしょう。

株主優待

吉野家は配当金だけでなく株主優待というチケットを株主に配布しています。吉野家の株主優待は300円分のチケットが半年に10枚くるので、単純に計算すると1年で6,000円の牛丼チケットをもらえることになります。

2013年頃から株主優待ブームになり、多くの会社が株主優待を発行するようになりました。その中でも、吉野家などの飲食業、スーパーなどの小売業はお得な株主優待をもうけているのでチェックしてみましょう。一部の証券会社は株主優待を利回り別に検索できます。

広告