買ったときの株価と口座に表示される平均購入単価が違うのはなぜ?|はじめての株式投資

1株100円の株を100株買ったとき、証券会社の口座に表示される「平均購入単価」は101円くらいになります。

※証券会社によって「平均購入単価」という言葉は少し変わってきます。

「100円で買ったのに、どうして101円になっているの?」

と疑問に思うかもしれませんが、この101円と100円の差額1円は、手数料の分です。

手数料が購入単価に反映されるまで

ある証券会社では、500,000円までの取引手数料が200円だったとします。上の例では、1株100円の株を100株買ったので

100 × 100 = 100,000

100,000円の取引になり、手数料200円を含めると、100,200円を投資家は支払ったことになります。100,000円分の株を買っているのに、100,200円を払っているわけです。

100,200円を購入株数である100株で割ると

100,200 ÷ 100 = 100.2

となります。株価は小数点で表示しないため、小数点以下を切りあげて101円とします。

買った株価と平均購入単価のずれをおさえる方法

100円で買ったものが101円で表示されるくらいは気にならないかもしれませんが、これが110円くらいになったら気になるでしょう。

買った株価と平均購入単価のずれは、もともとは取引手数料です。株価と単価のずれをおさえるためには取引手数料をおさえるしかありません。証券会社ごとに手数料はかなり変わってくるので、証券会社選びはよく考えましょう。

またいくつかの証券会社は「ミニ株(証券会社によって名称は異なる。ここでは単元未満株という意味で用いる)」という商品を売っています。日本の株のほとんどは100株以上を単位として売買されていますが、例えばトヨタの株を買うとなったら、1株60万円を100株、つまり600,000円が最低購入価格になるわけです。

「一回の取引で600,000円はかなりきつい…」

という方のために、100株よりも少ない1株、10株など小さい単位で売買できるようにしたものがミニ株(単元未満株)です。このミニ株は一般的な株と違い、手数料がやや高めに設定されています。買ったときの株価よりそこそこ高い価格が平均購入単価になってしまうかもしれません。

広告