勉強が嫌いで進路が決まらない人も大学は卒業しよう

進路が決まらない、大学で何をしたいかわからない、という人の相談と回答を見ました。→勉強も嫌いでやりたいことも特にない高3の進路は? - 教えて!goo

自活する、大学に行かないで働くしかない…などと厳しい意見を言っている人もいますが、それは間違っています。大学で何をしたいかわからないという人は、なおさら大学に行くべきです。


大学は目的を見つける場所

18歳までに明確な目標が決まる人がどれだけいるでしょう? 何をすればいいか、なんてほとんどの人はわからない。17歳で道を決めて、65歳までその道をずっと歩くなんて、そもそもこの時代に合っていない。

大学は目的を見つける場所です。

ある意味、大学は進路が決まらないという人のためにあります。大学でいろいろ勉強してわかることがある。その結果、薬剤師を目指したり、弁護士を目指したりと未来が定まっていく。

もし私が「どうしようかわからない…」という立場だったら、迷わず英語圏の大学に留学しますね。目的があってもなくても、留学すれば英語ができるようになるわけです。


私は東大を卒業しましたが、自分に子どもができたら間違いなく、英語圏の大学に行かせるでしょう。英語ができないというのはもうアカンです…。

進路が定まっているなら、むしろ大学に行かなくてもいいかもしれない

高度な教育を必要としない場所にいきたいなら、むしろ大学に行かないという選択肢をとったほうがいいかもしれない。目的がない人は大学に行って、ある人はどっちでもいいという意見が「進路が定まっていない人」への現実的な回答になる。

自分の夢がすでにはっきりしていて、そこに何十年の人生をかけてもいいと断言できるなら、大学に行く必要はないかもしれない。ただ、それでも私は大学に行くことを強くすすめます。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト