図を見てわかる太陽の半径、成分、温度、黒点

太陽は地球に光と熱を与える恒星であり、太陽系の中心に位置する。

  • 半径 … 約 70 万 km (地球の約 109 倍)
  • 質量 … 約 1030 kg
  • 成分 … 水素
  • 表面温度 … 数千度
  • 中心温度 … 一千数百万度

太陽の大きさと重さ

半径だけで比較すると、太陽は地球の約 109 倍であり、体積は約 100 万倍である。大きさは人間とアリほどの違いがある。

The_Sun_by_the_Atmospheric_Imaging_Assembly_of_NASA's_Solar_Dynamics_Observatory_-_20100819 NASA/SDO (AIA), The Sun by the Atmospheric Imaging Assembly of NASA's Solar Dynamics Observatory, 19 August 2010, Licensing: public domain.

Sun_earth_jupiter_whole_600 NASA Goddard Space Flight Center, Prominence imaged on Dec 6, 2010 with Jupiter and Earth images superimposed to demonstrate the size, 7 December 2010, Licensing: public domain.

NASA が作った上の画像の左下に小さく木星と地球がある。木星は非常に巨大な惑星だが、その木星も太陽から比べるとかなり小さい。木星の下にある点が地球であり、地球が桁違いに小さいことがよくわかる。

太陽から炎のようなものが突き出ているが、これをプロミネンスという。木星も地球もこのプロミネンスにすっぽり包まれるほど小さい。

太陽の質量は途方もなく重く、地球などの惑星をすべて合わせた質量(太陽系全体の質量)のほとんどは太陽である。

太陽の成分

太陽の七割程度は水素でできている。残りはほとんどヘリウム。水素を利用して膨大なエネルギーを放出して地球を温めている。

宇宙空間は絶対零度(約マイナス 273 度)に近いと考えられる("Neptune Fact Sheet" by NASAのデータによると、太陽から最も離れた太陽系惑星の海王星の表面温度はマイナス 200 度にも達する。生物が存在できる環境ではない)が、地球は生物が生きていけるほど温かい。これは太陽の光と熱を微妙なさじ加減で受けているからだ。

太陽の温度

太陽の中心温度は一千万度という超高温であると考えられている。

いわゆる太陽の表面は数千度だが、太陽の表面のさらに外側に彩層とコロナという層が広がっている。彩層とコロナの温度はさらに高温であると考えられている。

彩層の一部は炎のように燃え上がってコロナに入る。これをプロミネンスという。

太陽の表面のさらに外側にあるもの

  • 彩層 … 太陽表面の外側にある層
  • コロナ … 彩層のさらに外側にある層
  • プロミネンス … 彩層からコロナに入る炎のようなもの

コロナ SolarDiffractionCorona Tom Ruen, Solar Diffraction Corona, 9 June 2003, Licensing: public domain.

プロミネンス Mass_eject U.S. National Oceanic and Atmospheric Administration, Coronal Mass Ejection, 24 October 2014, Licensing: public domain.

太陽の黒点

太陽の表面を見る(直接見てはいけない)と、黒い斑点がポツポツとあることが確認できる。これを黒点という。

黒点は周囲よりも温度が低い。同じ黒点を観察しつづけると、日の経過によって少しずつ移動していることがわかる。これは黒点が移動しているのでなく、太陽が自転しているため。

黒点は、太陽の端にいるときは楕円形、中心部にいるときは円形に変化する。この事実から太陽が球体であり、自転していることがわかる。

黒点 600px-Sunspots_1302_Sep_2011 NASA/SDO/HMI, Sunspots 1302 Sep 2011, 24 September 2011, Licensing: public domain.

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告