品川と田町の間の新駅は「高輪駅」になってほしい(エッセイ)

品川と田町は素晴らしい街です。この記事は決して品川をバカにしているわけではないので、そのつもりでお読みください。

ひよこ

品川周辺はとても不思議な街で、ブランドになっている地域と、たぶんそうでない地域(すみません)が混ざっています。東京で住みたい街、憧れる街でいつも上にくるのは港区ばかり。品川が上にくることはあまりない。品川周辺をもっと盛り上げる意味で、新駅を「高輪駅」にすることは必要だと思います。

高輪駅

高輪という場所

高校生の時から品川周辺をよく歩いていて、高校二年生のときに長期入院していた病院もせんぽ高輪病院という病院だったので、周辺の地理はそれなりにわかっているつもりですが、品川の港区に近い地域は根強いブランドがあります。それが高輪。

二週間ほど集中治療室にいて、集中治療室から病棟に移る直前に、看護師の一人とずっと話をしたことがありました。その時、初めて高輪という場所についていろいろ知ったのです。その看護師は高輪周辺が好きらしく、おそらくプライベートでも遊びに来ているようでした。

せんぽ高輪病院という病院は、品川駅から徒歩五分ほどの、ゆるやかな坂を上っていった場所にあります。品川よりの向かいにはプリンスホテルがあり、もう少し北に行くと泉岳寺があります。この地域はとても静かで治安が良く、オシャレです。

病院に入院している間、暇だったせいもあり、10人以上の患者さんと仲良くなって話をしていました。その一人に地元の人がいて、非常に品のいい人だったのを今でも覚えています。政治家などの有名人が行きつけのお店もあるという話もそこで知りました。

高輪にして東京南東のブランドアップ!

病院を退院してからも、時間がある時は今でも高輪周辺に遊びにいきます。調べてみると高輪はやはりブランド力があり、品駅川でなく泉岳寺駅から高輪のほうまで行く人もたくさんいるようです。

もちろん品川も素晴らしいブランドを持っています。多くの大企業は品川の高層タワーに入っており、品川は新幹線が停まる駅です。

ここで大人気エリアの渋谷を考えてみると、渋谷はなにも渋谷だけでうまくいっているとは思えないのですが、どうでしょうか? 渋谷は原宿や恵比寿、青山といった地域があって、全体的に盛り上がっています。渋谷は東西南北に高級なエリアがあり、渋谷駅はその中心というポジションでうまくいっているようです。

渋谷

同じことが品川にもいえます。品川は海に近いだけ渋谷より不利に働きます。少し東にいけば芝浦ふ頭などの海沿いの駅が出てきて、もう目の前は東京湾。

東に東京湾があるという地理上の不利を乗り越えるには、もっと高輪ブランドを上げる必要があると思います。原宿と恵比寿は駅名になっているのに、高輪はJRの駅名としてありません。あるのは白金高輪と泉岳寺という地下鉄の駅だけです。

品川新駅、品川北駅…は地域ブランドの向上につながらない

経済はつまるところブランド名を生むことです。渋谷の周辺には原宿、恵比寿、青山、松濤がありますね。どれも渋谷〇〇という名前ではなく、渋谷という名前と関係ないブランド名です。しかし原宿も恵比寿も渋谷をほうふつとさせるわけです。

YouTubeもAndroidもGoogle〇〇ではありません。

iPhoneもMacもApple〇〇ではありません。

ブランドは、ブランドの系列を展開する時に別名を使うものです。

品川も同じく、品川〇駅にしてしまえば、そこで品川の限界を作ってしまうことになります。最初から存在する高輪というブランド名を押し上げることが、品川にとってもいいことであるはずです。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト