畳の種類(京間、中京間、江戸間、団地間)とサイズ早見表

和室の床にひく畳は京間、中京間、江戸間、団地間の四種類があります。畳の種類によらず、縦と横の長さは2:1。

京間は京都、中京間は名古屋、江戸間は関東を中心に使われ、団地間は公団などで使われています。畳は西日本で大きく、東日本で小さい傾向にある。

サイズ

京間 191.0cm 95.5cm
中京間 182.0cm 91.0cm
江戸間 176.0cm 87.8cm
団地間 170.0cm 85.0cm

面積

平方センチ 平方メートル
京間 18240.5 1.82405
中京間 16562 1.6562
江戸間 15452.8 1.54528
団地間 14450 1.445

長さの違いはわずかでも、面積の違いはかなりのものです。京間は団地間の1.26倍ほどの大きさがあります。

6枚と8枚での違い

畳8枚くらいの部屋では、京都と東京で面積に大きな違いがあります。

面積(6枚) 面積(8枚)
京間 10.9443 14.5924
中京間 9.9372 13.2496
江戸間 9.27168 12.36224
団地間 8.67 11.56

※単位は平方メートル

京間8枚の面積は14.6m2。団地間8枚の面積は11.6m2。同じ枚数で3m2も違っています。

広告