東京に来ないと読めない難読漢字と難読地名

東京に住んでいる人が大阪に行ったとき、逆に大阪に住んでいる人が東京に行ったときに微妙に驚くのは(たぶん)「日本橋」と「京橋」が東京と大阪にあって、しかも日本橋の読み方が違うことでしょう。

この記事では東京に住んでいない人が東京に来たときに「これ、こうやって読むのか〜」と思う漢字と地名をあげてみます。

漢字

漢字 ひらがな
うぐいす
からす
さぎ
せき

山手線は有名ですが、鶯谷は無名です。そもそも鶯をどう読むかわからないので、「とりだに」と読む人もいるかもしれない。これは「うぐいすだに」と読みます。

京王線の千歳烏山駅の「烏」も難しい漢字。京王線に乗っていなければ、東京近郊に住んでいる人も読めない可能性も。四番目は小田急線の聖蹟桜ヶ丘駅から。

地名

東雲は何と読むでしょうか? 検見川は? 我孫子は? 茗荷谷は?

最初の東雲(りんかい線)は「しののめ」と読みます。知らなければ「ひがしぐも」。次の検見川は「けんけんがわ」でも「けんみがわ」でもない。「けみがわ」です。

地名 ひらがな
御徒町 おかちまち
関内 かんない
国府津 こうづ
久我山 くがやま
飛田給 とびたきゅう
祖師ヶ谷大蔵 そしがやおおくら
東雲 しののめ
我孫子 あびこ
茗荷谷 みょうがだに
検見川 けみがわ
鷺ノ宮 さぎのみや
成増 なります
浮間舟渡 うきまふなど

広告