オンラインツール 文字列

空白区切りの単語をキャメルケースで一つの単語にする(オンライン変換)

空白区切りの単語を入れると、その単語をキャメルケースでつないだ単語が出力されます。キャメルケースは単語のつなぎ方の一つで、プログラミングの関数名によく使われます。

get user data → getUserData
make file → makeFile
set updated time → setUpdatedTime

例からわかるように、キャメルケースでは最初の単語は小文字から始めて、それ以外の単語は大文字から始めます。すべての単語を大文字から始める書き方はパスカルケースといいます。