投資 銘柄研究

仮想通貨やDeFiの初心者はツイッターを参考にしてはいけない:草コインを勧める人はあなたが買うときに売る

ビットコインやイーサリアム、アルトコインを初めて取引する人はたぶんブログを参考にすると思う。アカウントの開設方法や手数料は誰が書いても同じ内容になるから、そこまでは他人のメモを参考にしてもオッケー。

だけどビットコインやイーサリアム以外のマイナーなコインをツイッターで調べるのはたぶんよくない。名誉毀損と言われたくないから誰とは言わないけど、実名を明かさないで「このコインは絶対上がるで」みたいな無責任なことをツイートするアカウントがたくさんあります。これはDeFiでも同じ。

私自身、バイナンス・スマート・チェーン(BSC)の取引所をブログ、ツイッター、掲示板を使って調べています。まだ勉強して2週間しか経っていないので、何年もブロックチェーンの世界を見てきた人からすると私は鼻くそですが、およその原理とトレンドはつかみました。そして

にわずかな資金を入れました。特にPancakeSwapはそこそこ信用しています。PancakeSwapはもはやBSCの中心にあるので、PancakeSwap以上にリスクの低いプロジェクトがほとんどないからですね。Bunnyはやや危険ですが、他のプロジェクトに比べて資金が集まっていることから使うことにしました。

しかしツイッターではPancakeSwapよりはるかにリスクの高い新興プロジェクトとコインが注目されています。例えば

のようなもの。少し前は

などがもてはやされていました。しかしAlpacaの価格は大暴落しました。

Alpaca Finance - CoinMarketCap

自分が売るためにあなたを買いにはめる人がいるかも

このプロジェクトはこんなすごい会社から投資されているし、サイトデザインもいいから、このコインは買ってホールドが正解…なんて言っている人の言うことは信じたらいけない。

なぜなら、そういう人はあなたがコインを買って上がるのを待っているからです。あなたがそれを買ったとたんに、その人はそのコインを売るのです。コインを勧める人の気持ちになるとわかりますね。

米国株式の大型株とこの辺が違います。米国株式ブログでエクソン・モービルを勧めている人は、あなたが買うのを待っているわけじゃない。あなたがエクソン・モービルを1億円分買ったとしても株価は一瞬ピクッと動くだけ。ブロガーはエクソン・モービルを買ってほしいから記事を書くんじゃない。記事に貼ってある広告を見てほしいから書くだけ。

だけどツイッターで新興プロジェクトを勧める人は違う。数百人、いや数十人の買いで価格が動くコインはいくらでもあって、勧める人の一部はあなたの買いをじっと待っている。もしあなたが「教えてくれてありがとうございます!やっぱり将来性ありそうですね。ちょっと資金入れてみます!」と返したら、他の人もそれに続いてコインを買ってしまうかも。そうしてあなたにコインを勧めた本人はその間に売ってしまう。

わからないふりをしてあなたの購買欲をかりたてるグルがいるかも

ツイッターは本当に闇が深くて、危険な香りがぷんぷんするアカウントがたくさんあります。英文を引用して「手数料をホルダーに還元するしくみで売り圧力は減る」とかなんとか理論をつぶやく人に、「確かにそうですね。ちょっと買ってみます」と返す怪しいフォロワーがいたとします。ブロックチェーンをよく知らない人がそれを見たら、やっぱり「そうかもな〜俺も買ってみようかな…」と思うでしょうね。

でも、そういうやりとりもすべて偽装されている可能性があります。

高級布団を売りつける人はあなたの周りにサクラを配置するのです。つまり「この布団ほしいよね?」と売り手が叫ぶと、あなたの隣にいた人たちが「私買う!」「私も!」と手をあげるのです。そうしてあなたも手を上げて布団を買ってしまう。

同じように、仮想通貨のことを知らないふりをして「参考になりました。ちょっと買ってみますね!」と言いながら、あなたの共感が購買につながるのをじっと待っている人がいるかも。

ツイッターは実に恐ろしいところで、私は実名を公開しないアカウントをすべて信用しないようにしています。私は高校生の頃から掲示板が嫌いで、もうこの世のなによりも掲示板が嫌いで、見ただけで虫酸が走るくらい生理的に嫌いですが、仮想通貨に関してはツイッターやブログよりましです。

まともなブロガーには悪いですが、ブログは最も危険な情報源だと思いますね。この一週間で、日本に数えきれないほどの危険な悪人がいると確信しました。一番損しているのは真面目なブロガーかもしれない。

新興プロジェクトに関わらないほうがいい

の一言につきます。いつも言っているように投資も投機もやってはいけない。特に仮想通貨もDeFiも罠がいっぱいで、自己責任の大きさが株式とは比べものにならない。

もしやるにしても、BSC関係だったらPancakeSwapまで。PancakeSwapを勧めているわけではありませんよ。PancakeSwapだってやってはいけない。

私はPancakeSwapもバイナンスも、そもそもビットコインもイーサリアムもすべて信用していない。PancakeSwapはいつ消えてもおかしくないプロジェクトで、そこに預けていたトークンが消えて私の金がなくなっても「まあしょうがないか」と思うでしょう。

PancakeSwapよりもリスクの高いプロジェクトは本当に消える可能性があります。Alpacaは有名なブロガーやインフルエンサーから言及されて、一過性のブームに乗った人もたくさんいるでしょう。しかし価格はチャートのとおり崩壊して、資産を失った人もそこそこいるでしょう。

PancakeSwapも含めて、この世界は資産が一瞬でゼロになるリスクとむきあう必要があります。リスクを処理するには、英語力はもちろん、プロジェクトのしくみを理解する思考力がないといけないし、イカサマをみぬく汚れた心も必要になってきます。金もうけにおいてピュアとバカはほとんど一致するので、人をすぐに信じる人がすぐにカモにされてしまいます。