ビットコインと仮想通貨の予測:ブロックチェーンとNFTが第二のドットコムバブルを生む

ビットコインが28,000ドル台まで落ちてボラティリティが大きくなっています。私は今年ずっとイーサリアムを売買していますが、資産は5月の上旬からほとんど変わってない。暴落相場は資産を維持するのに精一杯で、維持するコツはトレンドに従うことのみ。

これからビットコインと他のコインはどうなるのか、勝手に予測しました。

ビットコインよりNFT系が伸びる、かも

今年のリターンだけを見るとイーサリアムはビットコインよりパフォーマンスがいい。これはビットコインの時価総額が大きくなったことに加えて、イーサリアムがDeFiやNFTに応用されていることが背景にある。NFTはオンラインオークションのようなもので、今年の2月あたりに大きなバブルがありました。

仮想通貨は株のように本質的な価値がないため、NFTの流通額はバリュー投資を好む人に注目される可能性があります。VISAの売上はクレジットカードの流通額に依存し、結局のところ商品の取引額全体が増えればVISAの本質的な価値が増える。同じようにNFTの流通額はイーサリアムの時価総額の材料になるでしょう。

ビットコインはほとんど応用されていないので、「上がったから買う、買うから上がる」というトレンドが価値を決定するだけのコモディティになっていますが、イーサリアムはそうではない。イーサリアムと同じようにいくつかのコインもブロックチェーン上にNFTやDeFiの実例がついています。

これらを考えて、私はビットコインよりもイーサリアムとBNBを買うようになりました。ただしBNBのブロックチェーンは、NFTはバイナンスとBakerySwapくらいしか大きなものがいまだになく、DeFiもパンケーキを除いてほとんどが壊滅的な状態になりました。個人的にはバニーの崩壊が一つのターニングポイントだったと思います。バニーは今13ドルで、私がかつて預けていたときは200ドルを超えていました。

NFTが第二のAmazonを生むことは間違いない

アメリカの株式が不安定になり、これからはコモディティだとか、新興国の株のほうがましだとかいう意見が少し広がりました。私はそうした意見をすべて無視していて、次のバブルはNFT(というよりも商取引を記録するブロックチェーン)だと確信しています。この確信はかつてないほどの確信です。

数学と株式投資を除いてほとんど才能がない、iPhoneとサンドイッチマンとモンスターエナジードリンクとイミューズ(最近ドラッグストアで売っている赤いラベルのキリンのジュース)のブームを予見できていた私にはわかります。ブロックチェーンに商取引を記録する新しいオンラインショッピングはとんでもないバブルをつくる。

私は今のNFTに不満をもっています。NFTをもう少し改良する必要があって、しかもイーサリアムのガス代をなんとかしないといけない。カルダノなのかポルカドットなのかわからないけど、イーサリアムではない別のブロックチェーンが最適な商取引ブロックチェーンを実現したとき、AmazonとPayPalのようなものがブロックチェーンに生まれる。

今たけのこのように出てくるトークンのほとんどは紙切れになりますが、それはドットコムバブルも同じ。金儲けしか頭にない詐欺プロジェクトがたくさん生まれる中、金の卵がどこかで生まれて、最後に一気にバブルをつくるはずです。そのためには次の2つの問題は絶対に解決しないといけない。

画像ばかりがNFTで流通していますが、それこそブログの記事でも音楽でも、データはすべてさっさと流通させたほうがいいと思います。今年はブロックチェーンバブルの初期段階で、その波は2〜4月あたりで一回終わりました。ドットコムバブルもメール、ブラウザ、ショッピング、決済、そして検索エンジンとだいたい一年感覚で生まれているので、ブロックチェーンも同じように一年ごとにいろいろなものが生まれるでしょう。

ブロックチェーンは私のようなミレニアル世代が一生に一回経験できるかできないかというレベルのバブル。私は全力で追いかけていきます。