Irohabook
中学英語 勉強法

中学英語の勉強法とコツ:「聞くだけで成績が上がる」や「読むだけでいい」は完全に嘘。とにかく毎日発音して英文を書く!

広告

中学英語の勉強法をきちんと解説した記事がほとんどない! あることはあるけど、非現実的で先生目線のものばかりだったので、中学英語の成績を上げるコツをわかりやすく解説します。

「英単語を覚えよう!」は当たり前…

とにかく覚える。英語の曜日みたいな単純な英単語は早めに覚えて、スペルミスもなく書けるようにしよう。

英語の曜日

スマホをもっている人は検索すればオッケー。わざわざ紙の辞典を買う必要はないです。

英語はとにかく発音する

私自身がそろそろアメリカに行くので、毎日英語をべらべらしゃべっています。スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)みたいなのを使ってね。もちろん読み書きは大切だけど、英語の成績をてっとり早く上げる一番の方法は、毎日 1 時間以上英語をしゃべること!

よく「聞くだけで英語ができるように…!」なんてぬかしてる教材があるけど、まったくデタラメで完全な嘘。「読みだけで英語はある程度できるようになる!」も嘘はったり。

英語をしゃべらない日が一日でも続くと、一気に英語力が落ちる。逆に英語を毎日しゃべっていると、やっぱり英語力がついている実感があります。

文を写経する

これは中学英語に限って有効な勉強法で、私も周りも写経していました。写経というのは、教科書の文をそのままノートに書くことです。二回くらい書いていたと思います。

三回はやらなくていいでしょう。

英文法をあまり理解していないときは写経が効果的です。というのも中学生は年齢的に「具体的に思考する」癖があるため、文法を抽象的に把握するよりも、複数の例文からルールを理解するほうが自然だから。

寝ながらやる

英語は時間勝負で、いかに英語に触れたかで決まる。ぶっちゃけ頭の良さは関係ない。

「この教材だったらめっちゃ成績伸びる」とか、そういうのはない。とにかく英語をしゃべって、聞いて、読んで、書いてをくりかえす。その時間だけ英語は伸びる。

そして英語を聞いたり読んだりするのは寝ながらでもできますよね。机に向かうと「いかにも勉強しました」という感じがして嫌でしょう? だから英語は寝ながらやるのです。

英字新聞

前置詞に注意する

on と in の違いとかを早めに理解してください。前置詞を理解しないとその後大きな差がつきます。数学も一次関数がわからないと大変なことになるよね。英語の場合はそれが前置詞と完了形です。

ここでは前置詞を説明しないけど、前置詞ができるようになるコツはやっぱり写経です。ああだこうだと説明されるより、とにかく書いて発音すればなんとなくわかります。

なんとなくでいいのです。

時制(特に完了形)

時制は超難しい。私自身、いまだに完了形を使うべきかどうか迷うことがあります。非常に難しい。

「中学英語で一番やばい単元はどこか?」と聞かれて関係代名詞と言う人は、英語をきちんと勉強していないと思う。一番やばいのは a と the です。そして次が完了形などの時制。

時制で混乱するのは現在完了形が出てくるあたり。最初は日本語訳に頼りながらコツをつかむといいでしょう。中間・期末テストは「とりあえず have つければいいんだろ」ですみます。なので期末テストが終わると「そんなに難しくなかったけど」って感想を持つかも。

ただ学年が上がって過去完了形が出てくると混乱しますね。

じゃあ私はどうやって完了形の概念を理解したかというと、英作文でした。英語で「私はアメリカに行ったことがあります」とか「ちょうどそのときトイレをしていたんだ」とか書いてみる。

読みよりもライティングとスピーキングが重要です。英作文をくりかえすとなんとなく時制のコツがわかってきます。

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会