Irohabook
エッセイ 哲学

おすすめの読書術:正しい本の読み方で中身を効率よく理解しよう

広告

いい読書とは、いい本を理解して読むことです。理解しない読書に意味はなく、いい本といえない本を読むこともあまり意味がない。

いい本とは偉大な人が書いた本

ビル・ゲイツのような偉人が書いた本はいい本です。経験のない人が想像を頼りに書いた本はいい本といえない。経験は価値で、経験者の言葉には価値があります。

株式投資に成功していない人が「次はこの株が当たる」と言っても信じる人はほとんどいない。知らないのに人に説いてまわる「無知の説教」は基本的に無視されます。そして私たちは断固として無視するべきです。

本を探すときは、表紙やタイトルでなく著者名のみを見てください。書き手がニューヨーク・タイムズの元編集長だったら、それはたぶんいい本です。

広告

物語以外の本の読み方

物語以外の本は次の順番で読みます。

まず目次を見て本の概要をなんとなく理解する。次に終わりを読む。多くの本は結論を終わりに書く。書き手の思想と主張を知るには終わりを読むのがいい。これがシンプルな読書術です。

目次と終わりを見て著者の主張がよくわからなかったら、その本はたぶんいい本ではない。ほとんどの良書は明確かつ簡潔に結論を述べます。

結論を知ったうえで本を読むと、内容を効率よく吸収できるでしょう。

同じ本は何度も読む

毎年何百冊も読むという人は最悪の読み方をしている。一週間で十冊も本を読む人は、本の価値が自分の変化にしかないという真実を知らない。つまりなにも読んでいない人と変わらない。

本とは著者です。あなたは読書するとき、その書き手とコミュニケーションしています。あなたはたった三時間しか話をしていない人を信じますか? 人を信じるために必要な時間はもっと長いはずです。

同じ本を何度もしつこく読んでください。そうしない限り、あなたは本を永久に理解できないでしょう。私はこの一年でたった三冊の本しか読んでいません。

イーロン・マスクの話が Zero to One の何ページ目に書いてあるか、原著・日本語訳ともにだいたいわかります。あなたもそのくらいしつこく読んでください。

家族や友だちに本を語ろう

最良の読書術は、本のエッセンスを他人に語ることです。哲学者ハーバーマスの言うようにコミュニケーション理性が重要です。

読書は、読書という行為でなく、読書をコミュニケーションに投げこむときに価値が創造されます。孤独な読書よりコミュニケーションのある読書がいい。思想も習慣もコミュニケーションによってしか変えられない。

広告

読書の確認

本を見ないで要約を人に説明できたら、あなたはその本を半分は理解したといえます。その要約をもとに自分の哲学を深化できたら、三分の二は理解したといえる。

本の理解とは、本のエッセンスを行動と習慣に反映させることです。読了後に行動が変わらなかったら、本を十分に理解したとはいえない。

本を読むときに意識するべきこと:

行動に影響しなかった本は、そもそも読むべきでなかった本です。

最後に:本の内容をメモしたり、まとめノートを作ったりしてはいけない

数学や理科の勉強でない限り、本の内容をまとめる作業はやめてください。その時間はたいがい無駄です。

読書にはコミュニケーションが必要だと述べました。

まとめノートをつくって自分とコミュニケーションしても人生はほとんど変わらない。人は自分でなく、他人の言葉によってしか変わらない。きれいなメモを書いてインスタグラムにアップロードする時間があるなら、トイレでティッシュペーパーの折り紙に励むほうがいい。

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会