エステル(COO)の構造と性質

author

エステルは COO という構造を持つ、カルボン酸とアルコールが結合した物質。エステルは水にほとんど溶けず、ジエチルエーテルなどの有機溶媒には溶ける。

エステルは COO という構造を持つ、カルボン酸とアルコールが結合した物質。エステルは水にほとんど溶けず、ジエチルエーテルなどの有機溶媒には溶ける。

カルボン酸とアルコールの脱水反応では濃硫酸を加える。吸湿性があり乾燥剤としてよく使われる濃硫酸は、カルボン酸の OH とアルコールの H を奪うことで脱水反応を促進します。濃硫酸そのものは変化しないので、濃硫酸は一種の触媒である。

エステルに水酸化ナトリウムを加えて加熱すると、もとのカルボン酸とアルコールに分解する。例えば酢酸エチルに水酸化ナトリウムを加えて加熱すると、酢酸ナトリウムとエタノールが出てきます(カルボン酸はカルボン酸ナトリウムという塩として出てくる)。

chemistry 高校化学

有機化学

アカウントをつくって広告を消そう

アカウントの作成や維持に費用はかかりません。アカウントをつくると(期間限定で)広告がすべて消えます。広告が消えるキャンペーンが終わったあとも、ログイン状態では広告が少なく表示されます。

アカウントにログインする

メールアドレスまたはユーザー名でログイン