高校経済 国の経済

GDPの三面等価の原則|高校経済

経済は生産、支出、分配の側面があり、どの側面で計算してもGDPは等しくなる。これを三面等価の原則という。

生産

生産は第一次産業、第二次産業、第三次産業があり、日本の生産の半分以上は第三次産業である。明治から大正の頃は第一次産業が中心的だった。

経済が発展すると産業が一次、二次、三次と移行する。これをペティ・クラークの法則という。

支出

消費者の購入、投資、政府の支出などを足してもGDPを計算できる。

GDP=C+I+G+(X−M)

C=Consumer spending
I=Investor spending
G=Government spending
X=exports
M=imports

C+I+G+(X−M)という式は世界共通。高校経済ではX−Mの部分を無視してもいいかもしれない。

Cは私たちが食料などを買ったときに出ていく支出。Iは会社がビジネスをするために投資する部分。Gは政府の支出で、公園を作る費用がこれにあたる。

分配(所得)

一部の参考書は所得を「分配」と呼んでいるが、分配と所得は同じような意味と考えてかまわない。所得は「どうやって得るか」で賃金、財産所得、企業所得に分けられる。

賃金は労働の対価として労働者が得る所得のこと。財産所得は利子や配当であり、労働でなく資産によって生まれる。企業所得は企業の所得。

日本においては所得の大半は賃金であり、財産所得は数パーセントにとどまる。

英語

日本語 英語
生産 production
支出 expenditure
所得 income

第○次産業という産業区分をthree-sector modelという。

日本語 英語
第一次産業 primary sector of the economy
第二次産業 secondary sector of the economy
第三次産業 tertiary sector of the economy

民間最終消費支出
household final consumption expenditure (HFCE)

政府最終消費支出
government final consumption expenditure (GFCE)