Go Go入門

Goの文字列でダブルクォーテーションを使うときはstrconv.Quoteを使う

Go で文字列をダブルクォーテーションで囲うには strconv.Quote を使う。

strconv.Quote("test")
// "test"

strconv.Quote に文字列を入れると、その前後にダブルクォーテーションがついた文字列が返る。上の例では

"test"

という文字列が返る。

Go の文字列はダブルクォーテーションで定義する

Go の文字列を定義するとき、シングルクォーテーションは使えない。つまり

a := 'test'

というコードはエラーになる。

a := "test"

にしないといけない。しかしダブルクォーテーションしか使えないと

class="test"

のような文字列を定義できない。上のような文字列を変数に入れるときは

a := "class=" + strconv.Quote("test")

とすればいい。