New Maichiro Maichiro

標高と海抜の違い:標高は東京湾、海抜は近くの湾を基準にする

標高は東京湾、海抜は近くの湾の高さを基準にします。東京近郊では標高と海抜がほぼ一致し、東京とその他の地域ではずれる可能性がある。

標高は東京湾を基準にする

富士山の標高は3776mです。これは富士山の頂上が東京湾よりも3776m高いことを意味します。標高は山などによく使われます。

海抜は近くの湾の高さを基準にする

東京湾と他の湾で高さが大きく違うことはほとんどありませんが、定義上は「近くの湾」を基準にしています。海抜は山ではほとんど使われず、丘や高台などの「海に比較的近いところの高さ」で用いられます。