エッセイ ブログ

恋人を募集します〜東大卒の投資家が人気ブログで恋人を募集したらどんなことが起きるのか?

このサイトはもともと教育系のコンテンツを配信してきましたが、競争がひどくなってきたのでなんでもありのごちゃまぜサイトにすると以前に言いました。そして今回は恋人を募集するという記事です。ここまでくるとなにがなんだかわからない。

私は恥なんかくそくらえという価値観をもっているので、ここで恋人を募集します。「恋人になりたい」という変わった人は私のツイッターアカウントに連絡してください…。といっても連絡がくることはほぼ確実にないことは確信しています。

Irohabookは月に何十万人も集まるサイトで、運がいいときは100万人を超えます。なのでこの記事はおそらく一年で数万人の女性に閲覧されるでしょう。そこで頭のいいふりをしたコンサルタントの好きなフェルミ推定をやってみます。

まず閲覧したユーザーの10%がこの企画に関心をもち、その中の(99%が私をうざいと思うかわりに)1%が私に好意をもって、さらにその中の1%が私に連絡をもつとします。ということは10万人の女性がこの記事を見てはじめて、私のツイッターアカウントに1人から連絡がくるわけですね。単体の記事に10万人というのは難しいので、フェルミ推定からわかる結果は「連絡なし」となります。

もし連絡がきたら、それはほぼ確実に冷やかしか悪意をもった男性です。この想定が現実になるかどうかを今年の年末にふりかえります。

恋人に望むもの

ここからは男性はもちろん、すでにイライラしている女性も見ないでくださいね。他人の理想を知るのは、嫉妬深い人にはとてつもなく不快なものです。

男も女も見た目と容姿と経歴と収入(または資産)で人を見ると思うけど、私はだいぶずれています。私が望むものは美しい顔でも高身長でも外資系コンサルタントという経歴でもありません。

そんなものはくそくらえ

バツイチだろうが、少し太っていようが、ちょっと鼻が低いとか、そんなものはどうでもいいし、実家が大金持ちとかどこどこの令嬢とか、そんなものは鼻くそほどの価値もない。

私が相手に望むものはたった2つ。賢さと誠実さ。これだけ。高校生のときに「どんな人が好き??」と聞かれたとき、私はいつも鉄緑会のAクラスにいる桜蔭の人と言っていました。だいたいそんな感じ。大学生のときに「どんな人と結婚したい?」と聞かれたときは、だいたいいつも菊川玲と言っていました。

私に言わせれば、桜蔭を卒業した人は全員モテモテになるべき。東大はバカでも入れるけど、桜蔭は天才しか入れない。東大卒は賢さの証明にならないし、東大大学院卒は才能において証明するものはない。日本の男どもは容姿とかなんとかほざく前に、桜蔭を出た人にかたっぱしからアタックするべきです。そして日本企業のバカな人事担当者は土下座してでも桜蔭卒を無条件に入社させないといけない。

そして誠実さが重要です。私は嫉妬深い人と陰口の多い人がとても嫌いで、テレビのバラエティ番組を楽しむような人が大嫌い。今テレビをずっと見ている人は意地悪な番組構成に疑問をもたない人で、結局のところ不誠実な人です。インターネット上に芸能人の悪口を書く人は、私が一番嫌いなタイプです。

誠実な人は努力する癖をもっています。人生は結局、生きるか死ぬかのどっちかしかない。生きるとは意義を見つけて前向きに努力することです。死ぬとは目的を見失って努力を放棄することです。つまり誠実な人はなにか大きな目的をもっています。目的のために生きる人、つまり目的的な人が魅力的な人です。

多くの男性は趣味が共通していることを重視しますが、それもどうでもいい。それよりも自分が苦手なものを趣味にしているかどうかが重要です。私はDisneyの株を大量にもっていましたが、ディズニーランドがものすごく嫌いです。だからディズニーランドに行く人はとても苦手です。

まとめるとこんな感じ…ディズニーランドに決して行かない、誠実で賢い人

終わり。

いるとは思えないけど、恋人になってもいいよ!という変な人は

https://twitter.com/irohabook

に連絡してください。