投資 NISAポートフォリオ

Mastercardを全部売って、全部Squareにするかもしれない(米国株式)

今週は三ヶ月ぶりにひどい一週間で、最悪のパフォーマンスでした。特にVisaとMastercardが暴落したせいで、資産がひどく減りました。年末から年初にかけてTeslaに浮かれていた私にとって冷水でした。

NISAポートフォリオもひどいありさま。

NISAの米国株式ポートフォリオも減りましたが、ここに載っていないVisaとMastercardの暴落がとてもひどい。

Affirmを買った

今週上場したAffirmを取引開始直後に買いました。この会社は後払いの大手ですが、独占的な会社ではありません。オーストラリアの会社が後払いで有名ですが、この領域はいくつか競合があるため、ほどほどの時間が経ったらすぐに売却します。今年はIPOのバブルが続くと思われるので、ただその波に乗っているだけです。

Affirmを見ているとますますMastercardに失望してきます。Affirmはクレジットもデビットもなしで割賦購入できるサービスですが、結局こういうフィンテックはVisaとMastercardの独占が嫌だという発想からきています。Affirmはペイデイローンの代替と言われることもあるようですが、基本的にはクレジットカードの決済を飛ばして小売が購入者から金をとるためのしくみです。

Visaの独占は無敵だと確信していましたが、もうそんな悠長なことは言ってられない時代だと思いました。なのでVisaは個人的な半永久的な保有銘柄から除外することにしました。そしてMastercardは売却することにしました。

結局はSquareにいきつく

米国株式の世界に入ってまもなく、私はTeslaとSquareを買いました。その後いろいろ買ってポートフォリオの分散値はどんどん増加していきました。でも結局はSquareにいきつきます。よくPayPalとSquareは比較されて、両方もっている日本人ブロガーもちょくちょく見ますが、調べるほどにSquareのほうがいいです。私もPayPalはちょっともっていますが、基本的にはSquareを増やしています。

Squareはフィンテックという高成長市場のど真ん中にいて、しかも独占的にふるまっています。社長はカリスマ性があり、Squareはブランド力があります。ロビンフッドのような快適さはないようですが、Cashは一応ビットコインも買えるようです。手数料はおよそすべてにおいてPayPalより安く、これからの事業者はやっぱりSquareを選ぶような感じがします。

ちなみにSquareは昨年派手に最高のパフォーマンスをあげたArkがもっとも重視している銘柄の一つで、YouTuberやTwitterで見かける富豪の個人投資家から実に人気がありますね。ポートフォリオに入っていない投資家を見かけるほうが難しいというレベルです。世界的にはPayPal派、Square派、両方派で分かれていますが、私はSquare派です。

ただ今年は、私もプログラミングでよく使っているStripeが上場されるので、Squareを一部削ってStripeに回すかもしれません。

Mastercardを売ってSquareにするかもしれない

以上からMastercardを売って、全部Squareにするかもしれません。Mastercardもいい銘柄ですが、それ以上にSquareはいいです。