高校古文 小倉百人一首

田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ|山部赤人|小倉百人一首

田子の浦に
うち出でてみれば
白妙の
富士の高嶺に
雪は降りつつ

現代語訳

田子の浦に
出てみると
真っ白な富士山の高嶺に
雪が降っている

文法

白妙のは枕詞で雪にかかっています。

つつは小倉百人一首でよく出てくる接続助詞で、反復・継続を表します。

作者

山部赤人(八世紀中期)