世界の国データ 世界の国なんでもランキング

世界で一番長い川と流域面積の大きい川|中学地理

世界で一番長い川はナイル川(またはアマゾン川)、一番流域面積の大きい川はアマゾン川です。

世界の川の長さランキング

順位 長さ 場所
1 ナイル川 6,650 km 東アフリカ
ブラジル
ペルーなど
2 アマゾン川 6,400 km 南米
エジプトなど
3 長江 6,300 km 中国
4 ミシシッピ川 5,970 km アメリカ

川の長さはデータによってばらつきがあり、アマゾン川とナイル川のどちらが長いかははっきり決められません。ここではブリタニカ百科事典の統計(ナイル川 6,650 km、アマゾン川 6,400 km)を用います。

世界の川の流域面積ランキング

順位 長さ 場所
1 アマゾン川 7,000,000 km2 南米
ブラジル
ペルーなど
2 コンゴ川 3,457,000 km2 西アフリカ
コンゴなど
3 ミシシッピ川 3,100,000 km2 アメリカ

ナイル川

ナイル川は世界で最も長く、東アフリカを流れる。ナイル川の下流にエジプトがあり、地中海における最古の文明(の一つ)はナイル川を中心に生まれました。例えばヘロドトスの「エジプトはナイル川の賜物」という言葉は世界史において有名です。文明は海や川の流域で起きたのです。

アフリカは、東にナイル川、西にニジェール川が流れている。

ナイル川

画像引用元:ウィキペディア・コモンズ(パブリック・ドメイン)

衛星写真からわかるように、ナイル川は北アフリカで最重要の水源になっています。

コンゴ川

コンゴ川は中西部アフリカから大西洋まで流れる川です。アフリカ中部の巨大な水源になっています。

コンゴ川

引用:CongoLualaba watershed plain political, Imagico, Wikimedia Commons, Creative Commons Attribution-Share Alike 2.5 Generic license

コンゴ川はコンゴ民主共和国(アフリカで 2 番目に面積の大きい国)などを流れ、いくつかの地域で国境になっています。

ミシシッピ川

ミシシッピ川は北米(アメリカ・カナダ)で最も長く、最も流域面積の大きい川です。

画像引用元:ウィキペディア・コモンズ(パブリック・ドメイン)

「Mississippi」と縦で記された川がミシシッピ川。アメリカの南北を横断し、東アメリカのほぼ全域にわたって広がり、メキシコ湾に注ぎます。

ミシシッピ川

ミシシッピ川は総称で、ミズーリ川やアーカンザス川といった長い支流をもちます。これらの支流もそれ自体が長く、ミズーリ川は 3,767km もあり(出典:Missouri River)、アーカンザス川は 2,350km もあります(出典:Arkansas River)。

日本の川ランキング

川の長さと流域面積ランキング(日本)

データ出典

アマゾン川
BBC - Earth - Why the source of the Amazon river remains a mystery
Mississippi River Facts - アメリカ合衆国国立公園局
Amazon River - ブリタニカ百科事典

ナイル川
Nile River | river, Africa | Britannica.com

長江
Yangtze River - china.org.cn

ミシシッピ川
Mississippi River Facts - アメリカ合衆国国立公園局
Mississippi River - ブリタニカ百科事典

コンゴ川
Congo River - ブリタニカ百科事典

世界各国の面積ランキング:ロシアはやっぱり広かった

川はなぜ重要か?

川は二つの理由から歴史・経済において重要です。

文明は食料の生産性と深く関わっています。農作物の生産量が増えないと、地域や都市は維持できません。ナイル川の氾濫によってエジプトに肥沃な土壌が生まれ、それがエジプト文明の基礎になりました。

産業革命まで多くの国は農業が産業の中心であり、災害などで不作になると国の財政が悪くなり、場合によっては戦争の原因にもなっていました。

また、川は重要な流通にもなります。国や都市は交易(貿易)をさかんにして豊かになりますが、自動車や飛行機のない時代において川は重要な貿易経路でした。そしてそれは現代でも変わりません。例えばミシシッピ川はアメリカの重要な流通で、穀物などをのせたコンテナが大量に運ばれています。