Irohabook
ビジネス メディア運営

副業ブログそのものは稼げない:収入はプログラミングで増やし、マーケティングはSNSを使う

広告

サラリーマンの副業が解禁されて、ブログを始める人が一気に増えました。かなり昔に「ブログは稼げますか?」と質問を受けましたが、その回答もふくめて副業ブログをざっくり解説します。

結論:ブログは稼げない

副業でブログを始めてもたぶん稼げない

大きなメディアをいくつか運営していますが、ブログで稼ぐことはほとんどできません。正確にいうと、できることはできるが、ブラック企業に勤務するよりはるかにひどい毎日が待っているでしょう。

副業が解禁される前から、ブログの競争は過剰をきわめていました。検索の上位にのるために、多くのメディアはキーワードをしつこく表示したり、同じことを何度も説明したりします。

長文が当然になり、文字数の単価はどんどん落ちています。ブログで稼ぐと決めたら、一丁前の収入ができる前に時給 100 円の生活を何年も強いられることになるでしょう。それでもブログを始めたいですか?

副業ブログをすすめている人は、それをビジネスにしている

「今どきのサラリーマンはどうなるかわからない。副業でブログをやらないと万が一のときに大変だ」という主張をよく見かけますね。あれはほとんどハッタリです。会社員がブログを書いたら日本の労働生産性はより悪くなります。

ブログそのものは収益構造が悪く、ソフトウェア型の資本主義経済で最も非効率な部類です。それなのに「ブログを始めよう!」というのは理由があります。

ブログを始めるとき、ドメインやレンタルサーバー、最低限のプログラミング知識といった道具が必要になります。ハッタリをかます人たちはそれらを売るために「ブログを書こう」といっているだけ。まずはそこに気づいてください。


よく考えてください。頭のいい人は競争を避けようとします。競争する分だけ自分の利益が減るのに、どうしてブロガーはブログをすすめるのでしょうか? それは競争が増える分だけ自分たちの稼ぎがよくなる商材を売っているからです。その代表が「こうすればアクセスが集まる」といった情報商材です。

情報商材そのものは悪くありません。むしろデフレ経済を活性化する意味で役に立っています。ただこれからブログを始める人は「ハッタリはしょせんハッタリ」と認識しないと後で痛い目にあいます。

ブログはマーケティングに使う

このメディアは昔も今も集客に使っています。つまりサイトは目的でなく手段です。ブログ(サイト)で稼ぐという発想から抜けて、それを集客の手段にしてください。

海外のブログはだいたい自分を売りこむ道具として機能しています。プログラマーのブログに広告がないのは、記事を見たソフトウェア会社に採用されたいからです。これはスタック・オーバーフローなどに無償で回答する理屈とまったく同じですね。

ブログから金を吸っているのは主に日本人です。ブログそのものは収益率がきわめて悪いので、労働生産性を気にする人はブログで稼ごうとしない。時給 100 円でもいいからフリーになりたいと思わないでください。低生産性に甘んじる発想には不幸が待っています。

副業をしたいならプログラミングを勉強する

昔は駅員が切符を切っていましたが、今は機械がカードを識別しています。レジも無人化が始まって、小売の人員はカットされています。昨年からヨーロッパで銀行員の大量リストラが始まり、日本でも事務員のリストラが本格的になるでしょう。

今はソフトウェアが人の労働を奪っています。あなたもブラウザからこの文を読んでいるでしょう。ブラウザは C++ や Rust といったプログラミング言語でできています。つまり C++ の技術者は出版社と印刷業者の仕事を奪ったわけです。

プログラマーは現代で最も強い職種の一つですが、日本はこの考えがいまだに普及していません。アメリカではコンピューター学科がもてはやされていますが、日本では理学部情報学科・数学科はマニアックな印象をもたれます。

世界の時価総額ランキングを調べてください。Microsoft、Google、Facebook、Amazonはソフトウェアがメインですが、この 4 社だけで 400 兆円に達します。トヨタは 20 兆円で、日本の上場企業の時価総額合計が 600 兆円程度ということを考えると、ソフトウェアがいかに巨大かわかるでしょう。そして日本の時価総額がここまで低いのは、ソフトウェアに価値を見出さなかったから…かもしれない。

ぜひプログラミングを勉強してください。副業で稼ぐという発想から、市場の成長にのるという発想に切りかえてください。

プログラマーは深刻な人手不足で、機械学習にいたっては人手がほとんどいない状態です。つまり機械学習のわかるプログラマーはかなり稼げます。

副業でソフトウェアをつくろう

ブログはどうして労働生産性が低いのでしょう? それは成果が労働と比例しているからです。記事を書かないと人がきませんね。逆にいうと作業以上の報酬は期待できない。

ソフトウェアは違います。開発したらそれで終わり。あとはユーザーが勝手に使うだけで、ユーザーの使用量が開発者の収益になります。ユーザーの一部は別のユーザーにおすすめするので、ユーザーは芋づる式に増えます。ブログとソフトウェアは根本的に収益構造が違うのです。

ブログは労働集約型(労働と収益が比例する一次関数的産業)ですが、ソフトウェアは資本集約型(労働以上に収益が伸びる指数関数的産業)です。この違いを認識しないといつまでも稼げないのに、一部の人は表面的な話をしてうまくごまかす。そういう人はソフトウェアを開発できず、ブログの記事を書いても稼げないから、稼ぐための方法を売っている。

ソフトウェアを開発しながらブログを書いたり、SNSでマーケティングをしよう

このメディアはもともと大学受験の講座を開くためのマーケティング手段でしたが、最近はもっぱら開発したソフトウェアの営業ツールになっています。画面の下を見てください。いろいろなサイトのバナーがありますね。これらはソフトウェアですが、実はこのサイトはそれらのソフトウェアに人を流すために運営されているのです。

ブログを手段にしてください。ブログそのものをメインの収益にしないでください。副業ブログという発想は間違っています。

ソフトウェアを開発したら、それらをブログやSNSでアピールするといいですね。このやり方はアメリカの技術者がよくやっています。海外のプログラミング・ブログを見てください。本人の顔が丸くぬかれたアイコンと「私は Python 技術者として 5 年エンジニアをやっています」といった自己紹介が必ずありますよ。

本来のブログはそういうものだと早く認識してください。

プログラミングができると世界の見方が変わります。そして自信がつき、収入も一気に増えます。企業からのオファーも届くでしょう(アメリカではそれが一般的なのに、日本のプログラマーは名前を伏せてブログを運営する。非常にバカげているし、ブログの役割を根本的に誤解している…)。

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会